原状復帰をしてから退去する|見違える程お部屋が輝く!

男女

建物改善ができる

部屋

コンサルタントを利用して大規模修繕をするときには、独立して営業しているコンサル会社を利用するといいでしょう。大規模修繕をするときにはグレードアップ工事に対応したところだと、不満のある部分を改善することができるのでおすすめです。

Read More..

元の状態に戻してから退去

笑顔の作業員

格安料金で引き受ける業者

原状復帰とは、マンションやビルなどの賃貸物件から退去する際に、入居した時と同じ状態に戻すことです。たとえば、壁や床に不注意で大きな穴をあけてしまったという場合に、退去までにその穴を塞いでおくといった具合です。食べ物や飲み物などをこぼしてシミができた場合や、カビが生えた場合も、張替えをすることになります。このように賃貸物件では、借主の過失が原因となっている部分に関しては、原則として原状復帰をすることになっているのです。もちろん、大掛かりな原状復帰工事を個人でおこなうのは困難です。そのような場合は貸主がおこない、それにかかった費用を借主に請求します。しかし昨今では、格安料金で引き受ける業者に、原状復帰工事を依頼する借主が増えてきています。こういった業者に依頼すれば、貸主から請求されるよりも安く、原状復帰を済ませることが可能になるのです。見違える程お部屋が輝くでしょう。

気をつけながら利用

格安料金とはいっても、ある程度の費用負担は生じます。そのため借主は、できるだけ原状復帰をせずに済むように賃貸物件を利用することが大事です。たとえば壁掛け時計を取りつける時には、あまり深く大きな穴をあけないようにしたり、シミやカビを防ぐために気をつけて飲食したり、こまめに掃除をしたりといった具合です。気をつけていても、長くその賃貸物件を利用していれば、ある程度は汚れや傷などがついてしまいます。しかし経年劣化と認められるものなら、つまり借主の過失でなければ、原状復帰をおこなう義務はありません。とはいえ、具体的にどこまでが過失ではないと認められるのか、わかりにくいこともあります。そのような場合にも、原状復帰をおこなう業者なら、プロの目で過失とされる部分を発見した上で、修繕してくれます。